松が丘助産院個人情報の取り扱い


  1. 助産院のスタッフ(助産師、他のスタッフ)は、個人情報に関連した法律や規定を遵守して、業務上知り得た情報を漏洩することなく、保管、管理をして、安心して通院入院ができるように努めなければいけない。なお、研修生、実習生ついても、守秘義務についての説明をし、同様の認識であることとする。
  2. 業務の特性上、個人情報を取り扱う職種には守秘義務(業務上知った秘密を守るべき法律上の義務)を課せられている。
  3. 助産院のスタッフ(助産師、他のスタッフ)は、法律にのっとり、通院または入院されている方が安心して過ごすことができるよう、秘密の保護をして、安心して助産院での妊娠~産後に至るまでの生活ができるように努め、より良い信頼関係を築かなければならない
  4. 法的根拠
    刑法134条において、正当な理由がないのに、業務上取り扱ったことより知り得た人の秘密を漏らした場合には、六か月以下の懲役または10万以下の罰金に処する、とある。
    保健師助産師看護師法第42条第44条においても同様の内容である。
    個人情報保護法においても、個人情報の適正な取り扱いについて、個人情報を取り扱う事業者に遵守すべき義務などを定めている。
  5. 入院及び通院されていた方から、情報の開示を求められた場合には、助産師はそれを開示する。
write